住宅ローンによる所得控除



住宅ローンを利用して家を建てると、所定の要件はありますが、年末のローン残高に対して、所得税控除が受けられます。

現在(2010年から2013年入居分まで)は、入居した年から10年間、ローン残高の1.0%が所得税額から控除されます。

所得税から控除しきれなかった分は住民税からも一部控除を受けることができます。

また、長期優良住宅の認定を受けた住宅では、控除率が1.2%となっています。

所得税控除は、その年の国の政策による法律で決められ、2010年以前は、5年間のみの減税だったり、金利を変えて10年~15年の減税だったりさまざまです。

しかし、住宅を購入したときの法律が適用されるため、ローンの支払い途中で法律が変わっても、個人の減税に対する内容が変わることはありません

節税対策としては、共働きの夫婦が夫婦共有名義で物件を購入し、それぞれ住宅ローンを組めば、所得税控除も二人分受けられます。

こちらは、将来相続税なども少なくてすむ、というメリットもあります。

ただし、共有名義にすることで、それぞれの手続きに経費がかかる、物件を手放すときの手続きが煩雑、などのデメリットもあります。



また、近親者から贈与を受けて購入するときや、働いている妻の貯金から頭金や支払いをするのに共有名義ではないときは、贈与税がかかる場合がありますので、注意してください。



これら税金は、その年の政策によって制度や金額がずいぶんかわってしまうことがあります。

利用するときは、国税庁のHPなどで確認するとよいでしょう。



固定資産税と都市計画税





固定資産税と都市計画税は、その年の1月1日に、固定資産を持っている人が納める税金です。

したがって、借地に家を建てた人は、建物部分だけに税金がかかってくることになります。

ただし、市街化調整区域に住む人は、固定資産税のみで、都市計画税を納める義務はありません。



これらの税金に対する課税標準額は、固定資産課税台帳に登録された価格です。

建物は評価額となり、土地は価格の上昇や下落があるので、調整措置があります、(住宅用地に対しては、特例措置もあり、物件の内容によっては軽減されることもあります)

支払う税額は、課税標準額×税率で計算できます。

税率は、固定資産税が1.4%、都市計画税は市町村によって若干違い、その上限は0.3%となります。



また、同じ市町村内で、同じ人が持っている土地や建物には、土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円までの免税点があり、それ以内なら課税されません。

マンションなど、区分所有者の建物の敷地部分に対する税金は、それぞれの持ち分に応じて計算された価格に課税されますので、この範囲に収まることも多く、課税されないと思っている人も多いのではないでしょうか。



また課税対象が長期優良住宅に認定されると、所得税の最大控除額が増えたり、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などで優遇を受けることができます。

住宅メーカーなどに最初に確認しておくとよいでしょう。

長期優良住宅は、国が認めた、丈夫で快適・経済的で長持ちする建物に数世代にわたって安全・安心に暮らせる家です。

そのうえで、さらに税金の控除が受けられるのです。



キャッシング借り換えってどうなの?




カードローンを借り換えるデメリットとして挙げられるのは、審査がやや厳しく時間がかかってしまうこともあるという点です。
借り換えローンの申込みは一般的なカードローンの申込みに比べて金額が大きくなる場合が多く、その分審査が厳しくなってしまったり時間がかかってしまったりするケースもあるようです。
借り換えて消費者金融等の貸金業者から借りる場合、総量規制による年収の制約があります。
審査に通った後も借り換え時に上乗せ融資を受けると、借り換え前より借入残高が増えてしまう可能性もあります。
借り換えキャッシング・カードローン比較【銀行カードローン・即日融資・パートOKなどジャンル別カードローン比較】

キャッシングを利用したら別の種類のローンは何一つ利用することが許されなくなるというようなことはありません。
少し影響が出るというくらいだと言って間違いないでしょう。
どんな内容のローンを組む方であっても、その時にキャッシングのお世話になっていたら、ローンという形での借入金はダウンされることは否定できません。
金利の利率が低いカードローンは、多くのお金が入り用の時や、長期にわたり借入を行う場合には、月の返済額を驚くほど少なくすることが可能なカードローンだといわれています。
昨今はクレジットカードでも、手軽にキャッシングできるようになっているものが見受けられますということで、手間要らずでキャッシングの申込が完了すると思います。
ご近所に消費者金融の受付店舗自体が存在しない、或いは日曜日などで店が閉まっている場合には、無人契約機を活用して即日キャッシングでお金を借りるというやり方もあります。
即日融資の申請が可能なカードローンの優位な所と言えば、何と言いましても迅速に入金してもらえる点に尽きます。
プラス借入の限度額を超えなければ、回数無制限で借りられるのです。
あなたにフィットするカードローンを選び出せたという状況だとしても、やはり心配になるのは、カードローンの審査が無事済んで、本当にカードを手に入れられるかということだと思われます。
日本でも5本の指に入るような金融機関のグループ企業で借りれなかったとすれば、玉砕覚悟で規模が小さいキャッシングの会社に申し込みを入れた方が、審査でOKをもらう可能性は高いそうです。
テレビコマーシャルでもよく見るプロミスは、お墨付きの即日キャッシング対応業者です。
即日の審査で、借り入れが可能か否かの結論が出るまでの時間がわずか30分から1時間というのは、とにかくお金が今要る人にとってはとっても重宝するサービスなのです。
消費者金融のお店に入ってキャッシングすることに後ろめたい気持ちがあるという方は、普通の銀行でも即日融資を扱っているところがありますから、銀行が提供しているサービスのカードローンを用いてみませんか。
銀行系サービスのカードローン、はたまた信販系が扱うキャッシングにおいては、即日融資をお願いすることはほぼ不可能です。
しかしながら、ほぼすべての消費者金融系のサービスですと、即日融資も利用できるようになっているので安心ですね。
審査に掛ける時間もそれほど長くなく、話題の即日キャッシングサービスも行っている消費者金融系キャッシング業者は、将来的にもより一層ニーズが高くなっていくに違いないと思われます。
近ごろ耳にする債務の一本化ですが、2社以上の金融業者からの借入金を統合して、返済先を1つに限定することができるというもので、おまとめローン等と言われています。
キャッシングのサービスを利用する場合は、先に審査を受けることが必要になります。
この審査に関しては、実際のところ申し込んできた人に返済能力が備わっているのかないのかを見定めるのが目的です。
いかにして貸し倒れを阻止するか、若しくは、そのリスクを低減させるかに意識を置いているわけです。
ですから審査では、ストックされている信用情報が欠かせないものになってくるわけです。





キャッシング・カードローンの手続きや借り入れなどの大切な基礎的な知識




借金の時には知っておくべき事として借入れの大体の方法は実際どうするのか理解しておくと良いでしょう。方法として指定口座への振込みにすれば良いのか現金引き出しの方にするか、なるべく早くがいいのか少しはそうでもないのか、どの方法を用いて受け取りたいのかを決めておくといいでしょう。大半の銀行や信販会社、消費者金融等ではカードローンなどを受ける時にあたって収入を証明するものを出すことを求められ、事前の源泉徴収票、所得証明等を用意しなければいけません。ですが、通常、借り入れ希望の金額が50万円に満たない融資においては提出不要な場合が多くありいます。貸金業者の中でも消費者ローンに行ってお金を借りるというとちょっと抵抗がある、というケースは大勢いるですが、金額の少ないキャッシングの場合は手続きや利子を考えると得する場合があります。
フリーローンおすすめ
キャッシングの詳細は各会社により異なりますから利用する前に検討するべきです。キャッシングの契約にあたっては、まずは利用する企業へ申込みをすることです。それから、無事に融資審査を受け通れば融資され、その後お金を返済という順序です。そして、融資を受ける相手が銀行系なのかクレジット会社であるのか、または消費者金融系かでも借入れ手続きの細かい所が異なります。借入れの申し込みから融資を受け返済という、キャッシングの場合の手順を知る事により基礎的な点もよく理解でき、利用時も安心です。ですので、web等で情報を調べれば、たくさんの知識を簡単に集める事が可能なのです。





カードローンの返済






商品者金融の返済は基本的に返済日当日の借入残高に応じた定額です。
http://www.pl-dongfang.com/
ただし、まとまった金額でボーナス時の繰り上げ返済をできるところもあります。低金利なカードローンに借換えるのがおすすめですが、借金の金額が膨れ上がると審査の厳しさの課題がうまれます。カードローンで借り換える事の利点は低金利のカードローンに借り換えローンすることで完済までの返済額を少なくしたり月々の返済額を減らせることです。多くの業者に借金を持つ状態を多重債務といいますがこの多重債務になった時におまとめ一本化をうまく利用することで多くのメリットが活かせます。キャッシングを借り入れしていて、いつまでに完済できるか、いくらの利息で総額いくら返済するのかをかっちりと計画している方はあまり多くはないでしょう。消費者ローンを借り入れするときは審査が簡単な20万円以内で借金する人がほとんどでしょう。


関連記事


AX